HOME
ちばフィルムツーリズムは、映画やドラマなどの撮影地として利用された千葉県内のロケ地を紹介しています
MENU
ドラマ

ロケ地:千葉県立中央博物館(千葉市)、センシティ(千葉市)、南無谷海岸(南房総市)

原作は、16〜19歳の約4人に1人が利用する人気No.1のマンガアプリ「comico」で現在連載中。
スタート時よりランキング1位を独走し、アニメ化、舞台化、単行本化された大ヒットコミック。
27歳でニートの海崎新太が、社会復帰実験プログラム「リライフ」に参加し高校生活を送るうち、〈今〉を精一杯生きようと変化する姿が胸を打つストーリー。
今、10代だけでなく20代30代にも共感を呼んでいる本作。
映画オリジナルのラストで、『今日、恋をはじめます』の古澤健監督が遂に映画化!
17歳と27歳の主人公・海崎を演じ分けるのは、NHK大河ドラマ「真田丸」などで注目を集める中川大志。
W主演にCM・映画で大活躍の平祐奈。この2人をはじめ、瑞々しさと演技力を兼ね備えた最も旬なキャストらが共演。

懸命でピュアな物語が、誰しもの心に響きわたる。

 

 

海崎新太はある事件をきっかけに勤めていた会社を5ヵ月で辞め、27歳のニートになっていた。ある日、リライフ研究所の夜明了に「人生、やり直してみませんか?」と社会復帰プログラム“リライフ”にスカウトされる。その内容は外見が10歳若返る薬を飲み、1年間限定で高校生活をやり直すこと。ただしこのことはゼッタイ秘密、1年後には周囲の人々から海崎に関する記憶は消える。半ば自暴自棄で二度目の高校生活に飛び込んだ海崎は、成績はトップだが極度のコミュニケーション音痴の日代千鶴ら個性豊かなクラスメイトと出会い、いつしかかけがえのない仲間となっていく。そして友達ゼロから変わろうと懸命にもがく日代に恋心を抱くようになる。だが、相手は10歳も年下の女子高生。1年後には記憶から消え、二度と会えなくなる存在で…。一方、日代にも、誰にも言えない秘密があった―。
リライフを終えた海崎が、新たに選択する未来。秘密を抱えた二人の恋の結末はー。

物語は、驚きと感動のラストへと、動き出すー。

中川大志    平裕奈
高杉真宙   池田エライザ   岡崎紗絵  /  水崎綾女   夏菜
千葉雄大   市川実日子

監督:古澤健 原作:夜宵草「ReLIFE」(comico連載中) 脚本:阿相クミコ 音楽:林祐介
主題歌:井上苑子
「メッセージ」   エンディングテーマ:「さくら」井上苑子と海崎新太
(ユニバーサルミュージック/EMI Records)

製作:カルチュア・エンタテイメント   松竹   日本出版販売   トムス・エンタテイメント
NHN  comico  アース・スター エンターテイメント  C&Iエンタテイメント
製作プロダクション:C&Iエンタテイメント  配給:松竹 ©2017「ReLIFE」製作委員会  ©夜宵草/comico

千葉県立中央博物館(千葉市)

センシティ(千葉市)

南無谷海岸(南房総市)

詳細はホームページをご覧ください。  http://relife-movie.jp/
ページトップ

このサイトについてエリア別ロケ地マップロケ実績一覧主な作品の紹介展示スペースのご案内リンク

HOME このサイトについて エリア別ロケ地マップ 作品紹介 ロケ実績一覧 千葉のロケ地をめぐる旅 リンク