HOME
ちばフィルムツーリズムは、映画やドラマなどの撮影地として利用された千葉県内のロケ地を紹介しています
MENU
映画
2013年5月25日(土)ロードショー

ロケ地
1.木更津市営住宅:俺山の設定(ナオが住んでいる部屋)
2.木更津市の海岸:均と大樹が歩いているシーン
3.北総鉄道車内:均が電車に乗っているシーン
4.イオンモール千葉ニュータウン付近:道・交差点を歩いているシーン
5.浦安市内の道:道に「俺」が倒れているシーン
6.千葉市千城台近郊:均の住んでいる街の設定
【INTRODUCTION】
★同じ顔、同じ好み、同じ考え。“映像化不可能”な衝撃の原作を映画化
なりゆきでオレオレ詐欺をしてしまった主人公・均の前に、同じ顔の“俺”が現れる。好みも考え方もまったく同じ“俺”が集まる場所は、最高のパラダイス! 心地いい居場所を見つけた均だったが、やがて世の中に増殖した“俺”同士の削除が始まっていく—。
第5回大江健三郎賞受賞の星野智幸による超リアル不条理小説『俺俺』(新潮社刊)。“映像化不可能”と称された衝撃の原作を三木聡×亀梨和也の異色のコラボレーションで独創性たっぷりに映画化! 家族でも職場の上司でも、分かり合えない人間と関わるのはとにかく面倒くさい。
いっそ周りがみんな同じ価値観の“俺”だらけだったら、どんなに楽だろう—。描かれる世界観は奇想天外だが、主人公が抱くそんな気持ちは、ときに人間関係を築くことに疲れてしまう現代人たちのリアルな共感を呼ぶ。

★「時効警察」の三木聡
“俺”が増殖した世界を映像化するのはTVドラマ『時効警察』『熱海の捜査官』、映画『転々』『インスタント沼』などで“三木ワールド”を確立してきた三木聡。主人公の周囲で次々に起こる先読み不可能な出来事をスピード感たっぷりに描写し、今の気分を鋭く捉えた原作のエッセンスを保ちながらも、未来へと開かれた希望あふれる映画ならではのオリジナルのエンディングを作り上げた。

そして増殖し削除しあう前代未聞の主人公“33人の俺”に挑んだのは亀梨和也。どこにでもいる若者・均、冷静沈着なサラリーマン・大樹、茶髪でお調子者の大学生・ナオ。この3人を中心に多様な“俺”を繊細かつ豊かな表現で演じ分け、アイドル封印!?とも思える振り切れたキャラクター像にも挑戦。別々の俳優が演じていると見間違えるほどの演技力と身体能力を披露して、役者としての新境地を開拓した。

★実力&個性を兼ね備えた俳優陣が濃ゆいキャラクターに扮する!
均が勤める家電量販店に来店したことから知り合い、謎の仕事を依頼してくるミステリアスなヒロイン・サヤカに、三木作品初参加となる内田有紀。家電量販店の嫌味な上司で、髪型を七三ならぬ“九一”に分けた強烈なビジュアルのタジマには、『インスタント沼』以来、三木作品は2度目となる加瀬亮。
このほか母親役として高橋惠子、キムラ緑子も三木組に参戦。三木組に欠かせない常連俳優のふせえり、岩松了、松重豊、松尾スズキらも名を連ね、それぞれにディープなインパクトを残す小ネタを繰り出して、三木ワールドをにぎわせている。

【STORY】

永野均(亀梨和也)、28歳。ありふれた郊外の街に住み、代わり映えのしない平凡な毎日を過ごしている。団地の一室にある実家に帰れば母親(キムラ緑子)から小言をいわれ、職場の家電量販店では上司のタジマ(加瀬亮)から嫌味をいわれる。均は家族とも職場の人間ともうまく関係を築けない日々を送るうち、人と関わることに面倒くささを感じていた。

ある日、均はハンバーガーショップで隣の席に座った男の携帯電話をなんとなく持ち帰ってしまい、なりゆきでオレオレ詐欺をしてしまう。その日から、均の周辺でおかしな出来事が起き始めた。

均が帰宅するとアパートには見知らぬおばさん(高橋惠子)がいて、均のことを自分の息子の大樹だという。さらに、実家を訪ねると均と同じ顔をした“別の俺”が現れたのだ! 
スーツ姿のサラリーマンで冷静沈着な大樹(亀梨和也)、茶髪の大学生でお調子者のナオ(亀梨和也)、3人は顔だけではなく、まったく同じ好みと考え方を持っていた。言葉も尽くさず、気を使わずとも通じ合える“俺”だらけの世界って、なんてハッピーなんだ! 
3人はなんでも分かり合える関係性に心地よさを感じ“俺”が集まる部屋を、サル山ならぬ“俺山”と名付けた。
わかり合えない他人といるのは面倒くさい。均のそんな気持ちから始まった“俺”の増殖。
“俺山”そこは“俺”だらけのパラダイスだった―。

“俺”が増殖したこと以外にも、カメラを買いに来て知り合った客のサヤカ(内田有紀)から、ある一軒家の写真を撮ってきて欲しいと奇妙な依頼をされたり、おかしな出来事は続いていた。
そして、日に日に“俺”は増殖していく。ロン毛の俺(亀梨和也)、巨乳の俺(亀梨和也)、全身タトゥーの俺、警官の俺(亀梨和也)……。
大樹、ナオとは意気投合し、俺同士はみんな分かり合えると思っていた均だったが、いろいろな“俺”に会ううちなかには“許せる俺と許せない俺”がいることに気付く。

そしてある日を境に、幸せな関係の歯車が狂い始める。均の前で別の“俺”が殺されさらにナオの行動がきっかけで俺同士の削除が始まったのだ! 
やがて、均自身もほかの“俺”に追われるようになっていく―。

【キャスト】
永野 均 ・・・ 亀梨 和也
サヤカ ・・・ 内田 有紀
タジマ ・・・ 加瀬 亮
永野マサエ ・・・ キムラ 緑子
大樹の母 ・・・ 高橋 惠子
南さん ・・・ ふせえり
刑事 村野 ・・・ 岩松 了
ロックセンター店員 穴川 ・・・ 森下 能幸
若い女性客 ・・・ 佐津川 愛美
ヤソキチ ・・・ 中谷 竜
安西 ・・・ 小林 きな子
サヤカの夫 ・・・ 渋川 清彦
制服警官 犬塚 ・・・ 少路 勇介
ハンバーガーショップの店員 ・・・ 岡野 真也
かすみ ・・・町田 マリー

刑事 阿久根 ・・・ 松重 豊
白バイ警官 ・・・ 松尾 スズキ

【スタッフ】
脚本・監督 ・・・ 三木 聡
撮影 ・・・ 小松 高志(J.S.C)
照明 ・・・ 蒔苗 友一郎
美術 ・・・ 磯見 俊裕
美術 ・・・ 露木 恵美子
衣装 ・・・ 宮本 まさ江
ヘアメイク ・・・ 橋本 申二
録音 ・・・ 岩丸 恒
編集 ・・・ 相良 直一郎
VFXスーパーバイザー ・・・ 大萩 真司
音楽 ・・・ 上野 耕路
詳細は、下記ホームページをご覧ください。
http://ore-ore.jp/index.html
ページトップ

このサイトについてエリア別ロケ地マップロケ実績一覧主な作品の紹介展示スペースのご案内リンク

HOME このサイトについて エリア別ロケ地マップ 作品紹介 ロケ実績一覧 千葉のロケ地をめぐる旅 リンク